スクリーンリーダー切り替えツール Screen Readers Changer

公開:2014年03月01日

更新:2014年03月28日

本ページのアドレスが変更になりました。

新しい URL ⇒ http://nakanakatool.omiki.com/srchangers/index.html

約 30 秒後に新しいページへ移動します。(自動的にそのページへ移動しない方は、上記アドレスに手動でアクセスされて下さい。)

次回の更新は変更先のみ行いますので、ブラウザのお気に入りあるいはブックマークへの登録をなさっている方はそちらの変更も宜しくお願い致します。

(以上)


ソフトウェア概要

スクリーンリーダー切り替えツール Screen Readers Changer とは、Microsoft Windows オペレーティングシステム上に2種以上のスクリーンリーダー(視覚障害者用の画面読み上げソフト)がインストールされている環境で、必要に応じてユーザーがそれを使い分けする為に、稼働しているスクリーンリーダーを終了させてこれと入れ替わるようにべつのスクリーンリーダーを動かすスクリーンリーダーの切替えを行いたい時にそれをアシストし、簡単な操作で相互にスクリーンリーダーを切り替える為のソフトウェアです。

Screen Readers Changer(以下「本ソフトウェア」と記します)は自らの機能を通じて、障害のある方が必要以上にスクリーンリーダーの終了・起動といった煩雑で手間のかかる操作をしなくても、利用場面に応じて複数のスクリーンリーダーをできるだけ手軽に使い分けられるようにしていきます。

特長

ある2つのスクリーンリーダーが同じオペレーティングシステムで共存している場合に、一方のスクリーンリーダーの終了と、もう一方のスクリーンリーダーの起動による相互の切替えを基本機能としています。

この2つのスクリーンリーダーはユーザーが予め指定しておきます。

又、基本機能に付随する形でそれ以外のいくつかの機能が装備されています。

このような機能のことをオプション機能といい、主には以下のようなものがあります。

尚、操作方法など詳しくは付属のユーザーズガイドを見て頂ければ幸いです。

動作条件

本ソフトウェアは、Microsoft 社の Windows7 32bit で動作確認を行っており、同環境のパソコンで動作します。

メモリーは1ギガバイト以上のものを推奨します。

又、類似した環境(例えば、Windows Vista や Windows XP SP3 の OS など)でも、ほぼ問題なく動作すると思われます。

本ソフトウェアは、以下の6つのスクリーンリーダーに対応しています。

  1. PC-Talker  …… 株式会社高知システム開発
  2. NVDA …… NV Access および NVDA 日本語チーム
  3. FocusTalk  …… 株式会社スカイフィッシュ
  4. Catwalk   …… Kazusoft
  5. VDMW700   …… (株)アクセステクノロジー
  6. JAWS …… 有限会社エクストラ

このうち JAWS は「監視自動切替モード」による切替えのみ対応しています。

詳しくはユーザーズガイド、又はインストール後に表示される Readme のテキストに記載されています。

基本情報

リリースバージョンおよび公開日

Version 1.01 …… 2014年03月21日

Version 1.02 Beta1 …… 2014年03月28日

種別

無料ソフトウェア

確認済み動作環境
  • Microsoft Windows7

類似した環境でも問題なく動作すると思われます。

利用対象

スクリーンリーダーのユーザー

手軽に、効率的に2つのスクリーンリーダーの切替え操作ができることから、スクリーンリーダーを複数使い始められた方にとって便利なものになると考えています。

インストール方法

  1. インターネット上からダウンロードした圧縮ファイルを実行し、適当なフォルダ(任意のフォルダ)にファイルを解凍すると、インストーラーが起動します。
    もしも実行時にユーザーエージェント制御の画面が出てきたら実行を許可します。
    もしもインストーラーが起動しない場合には、スタートメニューから[コンピュータ]を起動後、解凍してできたフォルダにアクセスし、setup.exe を手動で実行して下さい。
  2. インストールしてもよいか尋ねられますので[はい]ボタンを押します。
    キーボードで操作している場合にはそのボタンにフォーカスを当て、Enter キーを押すと良いでしょう。
    点字ディスプレイを使って操作している場合には、ボタン類を押す操作で、Enter キーを押してもうまく動かないようなことがありますが、Space キーを押すと安定して操作することができるようです。
  3. 次に、本ソフトウェアのショートカットアイコンを置くところにチェックを入れ、その後[次へ]ボタンを押します。
    この画面にあるチェックボックスの数はバージョンによって異なります。
  4. 次に、本ソフトウェアを起動する為のキーボードショートカットの一覧が出てきます。
    この一覧から任意のキーボードショートカットを選び[次へ]ボタンを押します。(キーボード操作の場合には[次へ]ボタンを押さずにそのまま、Enter キーを押しても、次の段階へ進むことができます。)
  5. 次に、このエディタのユーザーを選ぶところが出てきますので「あなただけ」「すべてのユーザー」のどちらか一方を選択し、最後に[設定]ボタンを押します。
  6. その後、インストールが終わったら「インストールが完了しました」というメッセージが表示されます。

主な操作手順は以上になりますが、案内される手順に従って操作していくとインストールできます。

インストール後、Windows のお節介で「正常にインストールできていない可能性がある」というようなメッセージが表示されることも時々ありますが、正常にインストールが完了していることが多いようで、その場合には問題ありません。

尚、CD版の場合には、ドライブにCDをセットしてトレイを閉めるとインストーラーが起動しますので、案内される手順に従ってインストールして下さい。(CD版があるのは安定版のみです、ご注意下さい。)

もしも自動的にインストーラーが起動しない場合は、エクスプローラを使ってドライブにアクセスし手動で、setup.exe を実行して下さい。
手動実行を始める時にアプリケーションキーを押して[管理者として実行]を選択するとエラーもなく安心してインストールできます。

ダウンロード

使い方や操作方法については、付属しているユーザーズガイドをご覧下さい。

再配布・転載について

本ソフトウェアの再配布・転載は、目を含む体の不自由な方のパソコン利用を支援したり視覚障害教育(教科学習・自立活動等)の場で活用したり、あるいは障害者の職業訓練に活用したりといった目的であれば自由です(作者側も特にこのような目的での利用を推奨しています)ので、特に開発関係者から許可を取る必要はございません。

届け出て頂ければ、もちろんサポートなどはできます。

開発関係者から許可を取る必要があるのはそれ以外の目的で転載をする場合などです。

本ソフトウェアを再配布する場合は、インストーラーを含めてプログラム一式を対象者の方にお渡し下さい。

作者名を偽る行為や、本ソフトウェアに値段をつけて利用者から金銭を取るような行為は厳禁とします。

作者と連絡先

スクリーンリーダー切り替えツール Screen Readers Changer の作者は中村研究室とその関係者になります。

本ソフトウェアに関するご意見・ご要望・お問合せなどがございましたらご連絡頂ければ幸いです。


Copyright (c) 2014 Nakamura Laboratory, All rights reserved.
inserted by FC2 system